恋ナビ-恋愛テクニック、恋愛心理をご紹介!

彼氏との仲が復活した理由

初めて彼を見かけたのは、通学するバスの中です。

 

同じ高校ではないことは制服から分かっていましたが、 私の方が先に降りてしまうので、どこの高校かはよくわかりませんでした。

 

いつも真面目そうに本を読んでいる横顔に、一目ぼれしてしまいました。 朝のバスは毎日乗る人が決まっています。

 

彼はいつも私より先に乗っているので、どこに住んでいるのかはわかりませんが、高校の制服を元に調べたら、 私の学校の近くにある有名な進学校の生徒だということが分かりました。

 

それからは毎日の通学が楽しくてたまりませんでした。

 

これまで身だしなみにはあまり気を使いませんでしたが、彼に少しでもいい印象を与えたくて、私なりにいつも 気をつけていました。

 

私はただ彼を見ているだけで幸せでしたが、ある日バスがとても混んでいて、彼の隣に立つことになりました。 あまりに近くに居過ぎて、まともに彼のことを見られません。

 

そんな時です。

 

彼の方から「いつもこのバスですね。何年生ですか?」と話しかけてきたのです。

 

あまりに突然だったので、こちらもしどろもどろでしたが、何とアドレスの交換までしてしまいました。

 

それからは毎日のバスの中が朝のデートとなりました。

 

彼は私より1年先輩の高校3年生です。

 

通っている高校が男子校なので、今まで女の子とはあまり話したことがないと言っていました。 受験生なので時間がなく、朝以外はあまり会えませんでしたが、私はそれでも十分でした。

 

そんな付き合い方を友達に話したら、朝以外は会っていないなんて、おかしい。

 

いくら勉強が忙しいといったって、時間は作るものなので、本当に私のことを好きなのか分からないといいます。

 

友達にそういう風に言われると、私の方も不安になってしまって、メールで本当に私のことを好きなのか、 しつこく聞いてしましました。

 

返事がないので、何回か催促もしてしまい、それが余計彼を怒らせたようです。

 

それからバスに乗っても、彼のことを見かけなくなる毎日が続きました。 せっかくうまく行っていたのに、友達の話をうのみにした私がバカでした。

 

もっと彼のことを信じていればよかったのに。

 

後悔しても、彼からは一向にメールが来ません。

 

ほとほと疲れた私は、誰に相談すればいいのか迷っていました。

 

もう友達はこりごりです。

 

かと言って親に相談することもできません。

 

そんな時、電話占いのことを知りました。

 

こんなことが占いで解決できるとは思いませんでしたが、夜中でも気軽に相談を受け付けるとあったので、 試しに電話してみました。

 

割と若い占い師の方で、私の気持ちをよくわかってくれました。

 

彼は勉強でも壁にぶつかっているので、私の気持ちが負担なようでした。

 

もう一度彼とやり直したいのなら、1月期間をおけと言われました。

 

あまり長い間彼と連絡を取らないのは不安でしたが、言われたとおりに期間を置いて、それから久しぶりにメールを しました。

 

思いのほか、彼からはすぐに返事が返ってきました。

 

彼も大人げなかったと謝ってくれました。

 

勉強でのスランプも脱したみたいで、明るい文面でした。 受験本番が近かったので、なかなか会うことはできませんでしたが、私がきちんと我慢したおかげで 彼も希望の大学に受かりました。

 

今度は私の受験に向けて、彼がつきっきりで家庭教師をしてくれています。

 

これからも彼と一緒の大学に通えるよう、頑張ります。 占い師の先生、どうもありがとう。